五百句ごひゃくく
『ホトトギス』五百号の記念に出版するのであって、従って五百句に限った。 この頃の自分の好みから言えば、勢い近頃の句が多くならねばならぬのであるが、しかし古い時代の句にもそれぞれの時代に応じて捨てがたく思うものもあるので、先ず明治・大正・昭和 …
作品に特徴的な語句
ながし 姉妹おととい おわ かぐわ こう かちわた しり ものい わけ ひやや しっ すなわち にわ 女房にょうぼ さえずり うる 蝸牛かぎゅう がお はじめ おく 強者きょうしゃ むな あきら 夜半よわ かか 歿ぼつ 夕立ゆだち ほとんど きたな くれない 噴井ふけい かご 羽子ばね くが きわ ぬる 青々せいせい くら せな 鞦韆しゅうせん かえりみ ひきがえる もと しばらく うち 燈籠とうろ 蜻蛉とんぼう おろか ちょう あるい 遠山とおやま すで よわい かぶら 新田にった 支度じたく 大堰おおい 此方こなた 大山だいせん 天日てんじつ 天智てんち 太腹ふとばら 菖蒲しょうぶ 時雨しぐ かじ 草間くさあい 草萌くさもえ 草摘くさつみ 書函しょかん ろう えん おのずか 枕頭ちんとう 来給きたも 行年ゆくとし もう みそな うたい のち おし いか せき いえ おい