“夕立”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ゆうだち62.5%
ゆふだち20.8%
ゆだち8.3%
ゆうだ4.2%
よだち4.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
百姓は「桑原桑原。」とえながら、をかかえて一の大きな木の下にんで、夕立りすぎるのをっていました。
雷のさずけもの (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
下谷團子坂出店なり。屋根て、きてず。時々夕立蕎麥はる、とおまけをはねば不思議にならず。
神楽坂七不思議 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
ぢぢと鳴く草にある夕立かな
五百句 (新字旧仮名) / 高浜虚子(著)
夕立ちだから、じき、はれるだろう。」と、親方はいって、二人はカフェーの、のきへはいり、たたずんでいました。
はたらく二少年 (新字新仮名) / 小川未明(著)
筑波嶺のいただき通る夕立雨わたくし雨のくだり去りにし
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)