“團子坂”の読み方と例文
新字:団子坂
読み方割合
だんござか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
下谷團子坂出店なり。屋根て、きてず。時々夕立蕎麥はる、とおまけをはねば不思議にならず。
神楽坂七不思議 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
北八みて、日曜でないから留守だけれども、いた小間使るぜ、一寸つてまうかとふ。およしよ、とをする。ちよして、團子坂く。
弥次行 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
此處しといふにはあらねど、おしまはし、周圍樹林にて取卷きたれば、不動坂團子坂巣鴨などに縱横ずる蜘蛛手は、黄昏樹深山路辿るがし。
森の紫陽花 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)