“伊皿子坂”の読み方と例文
読み方割合
いさらござか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、高輪街道を真っ直に向けていた足をらして、伊皿子坂へ上りかけると、角の石屋の仕事場からかれた石の粉が飛んで来た。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その日は伊皿子坂の下で乗合馬車を待つ積りで、昼飯を済ますと直ぐ寄宿舎を出掛けた。夕立揚句の道は午後の日に乾いて一層熱かった。
桜の実の熟する時 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
その日は伊皿子坂の下で乗合馬車を待つ積りで、昼飯を済ますとぐ寄宿舎を出掛けた。夕立揚句の道は午後の日にいて一層熱かった。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)