“霹靂”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
へきれき88.8%
はたたがみ7.9%
かみなり1.1%
なりはため1.1%
はたゝがみ1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ドノバンがさけぶと同時に、耳をつんざくごうぜんたる霹靂! 数間先のぶなの大木がなまなましくさかれて風におののいている。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
霹靂はためくさへに、稲光の火柱、火ばしらの飛ぶ火のただち、また、とどろ雹ぞ飛びたる。
観相の秋 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
と見るまに、天の一角にあたって、霹靂が鳴り、電光がはためき、ぽつ、ぽつ、と痛いような大粒の雨かと思ううち、それも一瞬で、やがて盆をくつがえすような大雷雨とはなってきた。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
又も強い雷が霹靂いて、爾して何所から聞えるか知らぬけれど、一種の非常に鋭い叫び声が聞えた、人の声か獣の声か、殆ど判断出来ぬ、其の物凄い事は人ならば確かに絶命の声である
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
霹靂はためくさへに、稲光の火柱、火ばしらの飛ぶ火のただち、また、とどろ雹ぞ飛びたる。