“初雪”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はつゆき75.0%
しよせつ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わたすかぎり、初雪にいろどられて、世界を、金色のように、れ、田圃は、獣物背中のように、しまめをっていました。
美しく生まれたばかりに (新字新仮名) / 小川未明(著)
にはう「初雪やせめての三まで」どころではないつたけになるほど雪がりました。
さてはまへにもいへるごとく、初雪を見て山つたひに雪浅き国へる、しかれども行后れて雪になやむもあればこれをる事あり。
しかるに初雪十月のころまでにこの二条小流雪の降埋られ、流水は雪の下にあり、家毎べきに雪を穿水用を弁ず。