美しく生まれたばかりにうつくしくうまれたばかりに
さびしい、暗い、谷を前にひかえて、こんもりとした森がありました。そこには、いろいろな小鳥が、よく集まってきました。 秋から、冬へかけて、そのあたりは、いっそうさびしくなりました。森は陰気な顔をして、黙っていました。そのとき、眠りをさまさせる …
作品に特徴的な語句
かわ なお うえ 先刻せんこく くれ はや がた うしな 見下みお いそ あた 清浄せいじょう なか あたた 今日きょう けむり からだ 光景こうけい あたま ひび おと ぽん 猪口ちょこ 生活せいかつ あいだ ぼし 明日あした 早起はやお にち ほう よる えが いえ ごと きゅう つよ かれ だま ふか きよ 無理むり 煙突えんとつ 熱心ねっしん 片脚かたあし もの くる ねら ひと せま 獣物けだもの めずら 田圃たんぼ まち しろ かわ ねむ またた わたし あき そら 空想くうそう まど こた 終生しゅうせい うつく 美人びじん はね かんが もの くも あつ 雨風あめかぜ ゆき 雪晴ゆきば あお 青空あおぞら かく 雲切くもぎ