“雨風”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あめかぜ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“雨風”を含む作品のジャンル比率
総記 > 団体 > 博物館100.0%
文学 > フランス文学 > 小説 物語(児童)7.7%
文学 > 英米文学 > 小説 物語(児童)5.6%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
当時とうじわたくしにとりてそれがなによりのこころなぐさめで、よほどの雨風あめかぜでもないかぎ
おや! お弟子の誰かでも帰って来たのかしら? と、立ち上ろうとすると、家を吹き飛ばしそうな、恐ろしい雨風あめかぜの音だ。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)