“絵”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
72.5%
18.7%
えが6.6%
1.1%
1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そしてあの少年っていたようながあったら、自分にもきっと、あのようにいきいきとけるのであろうといました。
どこで笛吹く (新字新仮名) / 小川未明(著)
へゝい、お二人づれで。——旦那様は、洋服で、それ、が、こゝへぶらげておいでなさる、あの器械つてらしつけえ。
続銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
さいえば天下の神人はすべて紙は穢れたる事に使うまじきや。また、津島の神主氷室氏、くにの入りたる墨を使わず、筆の毛は忌まざるにや
あたしは自分のお弁当をおまっちゃんに持っていってやったが、おまっちゃんは見向きもしないで、窓に石盤をのせて、色石筆であねさまをいていた。あたしも仕方なしにんでいた。
歌比丘尼は、悪道苦患の掛軸を携へて、業報のひ切れぬ事を諭す解きを主として居た。