続銀鼎ぞくぎんかなえ
不思議なる光景である。 白河はやがて、鳴きしきる蛙の声、——其の蛙の声もさあと響く——とゝもに、さあと鳴る、流の音に分るゝ如く、汽車は恰も雨の大川をあとにして、又一息、暗い陸奥へ沈む。……真夜中に、色沢のわるい、頬の痩せた詩人が一人、目ばか …
作品に特徴的な語句
くひ そに かほり 寂寞ひつそ ひた 其方むかふ ちつ いゝ しやう つゝ 微笑ほゝえ かをり となへ たをやか たん しゆ 彼方むかふ おほき とつ おとづ 静寂しづか ことは さびし なほ ぱう かう ほつそ うつくし をさま にほい 彼方むかう やはらか 静寂せいじやく 乗掛のつか わらひ ちま 水底すゐてい 突伏つきふ あはたゞ きまり おもふ うへ 墓参はかまゐり 矢張やつぱ かは がほ あたゝ ねぶ 薄紅ときいろ でふ 附着くつゝ ふさ すゞ ぐる やさし 温雅をんが むさらき 呪詛のろひ あきらか るゐ くづ じつ 日前にちぜん おほ さだま 可惜あつたら 溝川みぞがは さう つゝみ しづ 出入ではいり 魔術まじゆつ じつ はぢ まへ 車夫わかいしゆ ちやん 耳朶みゝたぼ 引掴ひつつか 明瞭めいれう 画家ぐわか つめた あひだ 凝然じつ 押通おつとほ いへ ちり むろ きれ ぢやう そつ ぎよく