“画家”のいろいろな読み方と例文
旧字:畫家
読み方割合
えかき38.7%
ゑかき29.0%
がか22.6%
ぐわか9.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「わしは、商売というものが無いから、こうして困っているのじゃが……わしは、その画家なんでな。泊めてもらえないかな?」
再度生老人 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
その春挙氏は画家である。画が頼みたい人にそつと内証でお知らせする。氏の潤筆料に黄金などは無用の沙汰で、兎角は石の事/\。
「せっかくから、をつたってきたのを、いやりのないことをしたものだな。」と、画家は、うぐいすのしみました。
春はよみがえる (新字新仮名) / 小川未明(著)
の、其処に五た。著名なる新聞記者審査員——画家文学者某子爵令夫人一人。——た。
続銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)