“令夫人”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
れいふじん57.1%
おくさん28.6%
おくがた14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“令夫人”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
きみにあこがるゝもの、あいらしくかしこ遺兒ゐじたちと、温優貞淑をんいうていしゆくなる令夫人れいふじんとのみにあらざるなり。
芥川竜之介氏を弔ふ (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
令夫人れいふじんのお給仕きふじつきの御飯ごはんへのつけて、あつちやつかけて、さくさく/\、おかはり、とまた退治たいぢるのを
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「ああ、おうわさで存じております。島山さんの令夫人おくさんでいらっしゃいますか。……これはどうも。」
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
で、お蔦は、たとい貴郎が、その癖、内々お妙さんに岡惚おかぼれをしているのでも可い。河野に添わせるくらいなら、貴郎の令夫人おくさんにして私が追出おんだされる方がいっそ増だ、とまで極端に排斥する。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
事実明かに、その人の好まない自分のとこ令夫人おくがたをお寄せ申すんだから、謹んで島山さんの思わくに服するんだ。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
島山の令夫人おくがた乗初のりそめをして頂く、と十日ばかり取って置きの逸物に違いないが——風呂敷包み一つ乗らない、空車を挽いて
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)