“絵具”のいろいろな読み方と例文
旧字:繪具
読み方割合
えのぐ80.0%
ゑのぐ13.3%
ヱノグ6.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それならただもう縦横無尽に絵具を画布へなすりつけてからに——黒い、射るような眼と、垂れさがった眉と、の深く刻まれた額と
へるものがて、るらしい。破莚は、絵具や、紅殻だらけ——さんの前垂にも、ちら/\のやうに胡粉がかゝつた。角細工種々ある。……
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
線描きなしに、うちつけに絵具を塗り進めた。美しい彩画は、七色八色の虹のやうに、郎女の目の前に、輝き増して行く。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)