“絵看板”のいろいろな読み方と例文
旧字:繪看板
読み方割合
えかんばん66.7%
ゑかんばん33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なかの人いきれがよほどたまらなかったとみえて、出ると、未練に絵看板をながめてもいず、スタスタと歩いてゆく。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
やはり人々にもまれながら境内ると、片側軽業小舎があって、昨年たときのような絵看板かっていました。は、木戸銭ってのぞきました。
公園の花と毒蛾 (新字新仮名) / 小川未明(著)
この大きい絵看板屋根形には、花車につけるやうなが美しく飾りつけてあつた。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
絵看板にはうそはない
どんたく:絵入り小唄集 (新字旧仮名) / 竹久夢二(著)