公園の花と毒蛾こうえんのはなとどくが
それは、広い、さびしい野原でありました。町からも、村からも、遠く離れていまして、人間のめったにゆかないところであります。 ある石蔭に、とこなつの花が咲いていました。その花は、小さかったけれど、いちごの実のように真紅でありました。花は、目を開 …
作品に特徴的な語句
どお ふだ ぺん 自由じゅう こう てっ みの ぽう しょう かかり うえ 大通おおどお すく ぐら 商人しょうにん 最初さいしょ さい 当地とうち 周囲しゅうい ことわ しゅう 肥料ひりょう かぞ ごと うしな てん だい 何日なんにち 昨夜さくや 先刻せんこく 故郷こきょう 暴風ぼうふう ぶん かか あぶ ほん 原因げんいん たい ほう 方向ほうこう すう おぼ むすめ かど ごと はな にち かた 大門だいもん 大蛇だいじゃ 日数にっすう 小舎ごや 谷間たにま あか よる そと ごえ 山脈さんみゃく えが とう わか ねん 国境こっきょう 幾人いくにん こま かな のぞ しら 色彩しきさい こと ぐち ひび あたま からだ たよ つく