どんたく絵入り小唄集えいりこうたしゅう
こはわが少年の日のいとしき小唄なり。 いまは過ぎし日のおさなきどちにこのひとまきをおくらむ。 お花よ、お蝶よ、お駒よ、小春よ。太郎よ、次郎よ、草之助よ。げに御身たちはわがつたなき草笛の最初のききてなりき。 TO NÉMU-NO-KINÉMU …
作品に特徴的な語句
ぢゆう ひゝな かみ ゑん 死骸しがひ たん 青玉エメラルド ごゝろ すつぱ 越中ゑつちゆう はゝ 添臥そひぶ ひかる いへ ねがひ かほ 時刻じぶん 太刀だんびら さう をど きい 神戸かうべ なゝ 小鳥こどり 上野うへの 小雀こすゞめ 九州きうしう ちち 乳母ばあや 海角みさき なに 道者だうじや がさ こは かひな しに めん 行燈あんど ゆび 土蔵どざう 在所ざいしよ よろひ くら そめ 更紗ざらさ 有司おかみ 菜園さゑん しひ 山彦こだま をか たうげ 谷間たにま かど 庄屋しやうや 廊下らうか 後生ごしやう 戯絵ざれゑ あふぎ てふ 旅籠やど みづ 砂糖さたう 祈祷いのり 異形いぎやう まつり 田舎ゐなか あま わう こな 紡車いとぐるま 絵本ゑほん えん 法度はつと かは 背合せなかあはせ 水車みづぐるま ざくら 村長そんちやう ぐさ 枇杷びは 芝居しばゐ もゝ 芍薬しやくやく 次郎じらう 脚夫きやくふ 死人しにん おさ こずゑ 一本いつぽん