“峠”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とうげ70.8%
たうげ15.6%
タワ3.1%
たふげ2.1%
たわ2.1%
ひょう1.0%
たお1.0%
たを1.0%
とう1.0%
びょう1.0%
パッス1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「あのへいくときには、なんでもるそうです。どうか、そののところでっていてください。」と、はいいました。
ちょうと三つの石 (新字新仮名) / 小川未明(著)
昨日碓氷汽車りて、權現樣でた、さしかゝりでりて、あとを案内つた車夫に、しい上坂ねた。
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
その節、山のの塚で起つた不思議は、噂になつて、この貴人一家の者にも、知れ渡つて居た。あらぬ者の魂を呼び出して、郎女樣におつけ申しあげたに違ひない。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
「いゝなあ、この山毛欅が、こゝでへるだ。」そこへ画架てた——その、このいて、羽織袴で、かると股立つた観湖楼和井内ホテルの御主人
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
その節、山のの塚であつた不思議は、噂になつて、この貴人の一家の者にも知れ渡つて居た。あらぬ者の魂を呼び出して郎女様におつけ申しあげたに違ひない。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
上総山武郡源村大字極楽寺字
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
(ハ)峠方・谷方 安芸高田郡郷野村大字桂字峠桂及び谷桂、は山のすなわち入り込んだ部分で、さらに山路の義に移っているが、ここでは単に山の上というばかりの意味である。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
物駭悲しかるらし山の嶮峻にして鹿走り
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
峠と書いてタワ又はタヲと読ませているものが中国には可なり多く、四国には滑峠の如くトウと読ませているものさえある。
(新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
下総印旛郡永治村大字浦幡新田字榎
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
この冬通ったサンゴタールのアンデルマットからフルカ、又は、右に折れて北へ北へと下ってゆけば、「ウィルヘルム・テル」のアルトドルフ Altdorf から、ルツェルンの湖畔
スウィス日記 (新字新仮名) / 辻村伊助(著)