“枡”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ます100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“枡”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 地理・地誌・紀行 > アジア50.0%
自然科学 > 動物学 > 鳥類33.3%
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究4.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ます目結めゆいらい源氏香図げんじこうずなどの模様は、平行線として知覚されることが必ずしも不可能でない。
「いき」の構造 (新字新仮名) / 九鬼周造(著)
戸を細めている真暗な居酒屋の軒下に立って、一角は、ますをうけ取った。といの雨水が、ざっざと、背なかを打つのであった。
無宿人国記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)