“ゑ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:
語句割合
20.6%
14.2%
12.8%
7.8%
7.4%
7.1%
6.4%
5.7%
4.7%
1.7%
1.4%
1.0%
0.7%
0.7%
微笑0.7%
0.7%
0.7%
0.7%
0.7%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
最前見たる色若衆しく半面をあらはして秘かに打ちみつ。手真似にて斬れ/\。その鉄砲は無効々々と手を振る体なり。
白くれない (新字新仮名) / 夢野久作(著)
翌日の朝の辰刻(八時)少し前、薄赤い陽が射し込んで、明神樣の森からをあさりに來る、小鳥の聲などが賑やかに聽えて居ります。
それは或雑誌のだつた。が、一羽の雄鶏の墨画は著しい個性を示してゐた。彼は或友だちにこの画家のことを尋ねたりした。
或阿呆の一生 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
へば傲慢な、下手いた、奧州めぐりの水戸黄門つた、い、い、や七十ばかりの老人でした。
雪霊記事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
春着で、元日あたり、してひもしないのだけれど、つきともとだけは、ふら/\と四五人つて、神樂坂りをはしやいで歩行く。
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ならひが出來たれば此次にはきてせ給へと勿体ない奉書半切れを手遊されたれはなさるまい
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
んだとては一句んだとては一杯かにつけて途方もなくしがる事おかめが甘酒ふとじ。
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
破笠一に笠翁また卯観子、夢中庵等の号あり。を一蝶にび、俳諧は其角を師とす。余が蔵する画幅に延享三年丙寅仲春夢中庵笠翁八十有四とあり。
法諡して徳源院譲誉礼仕政義居士と云ふ。墓は新光明寺にあつて、「明治三十五年七月建伊沢家施主八幡祐観」とつてある。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
僕にはだ翁の近年の作の妙味が十分得せられないが飽迄若若しい翁の心境は例の真夏の花を嗅ぐ様な豊艶多肉な女をむ色もなく描いて居る。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
そこで其の定窯の鼎の台座には、友人だつた李西涯が篆書で銘を書いて、りつけた。李西涯の銘だけでも、今日は勿論の事、当時でも珍重したものであつたらう。
骨董 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
「こいつは驚いた、り好みをしやがる。」とヘンリイ・リンは叫んだ。
正太何故ともきがたく、のうちにあるやうにておうしてもてこだよ、其樣いに、可怪しいだね、とれはいさゝか口惜しきひに
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
微笑める光に塵の世を
天地有情 (旧字旧仮名) / 土井晩翠(著)
捧げたる願文にこそ。光り匂ふのため
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
錦橋の墓はこれにつてあつた杉本仲温撰の墓表と共に湮滅し、錦橋は法諡を谷中共同墓地にある一基の合墓上に留め、杉本の文は江戸黄檗禅刹記中に存してゐること、既に云つた如くである。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
のとはふね、あゝ此母さんがきてるといが、れが三つのんで、おさんはるけれど田舍實家つて仕舞たから祖母さんばかりさ
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
くよりつたへし錦繪かず/\取出し、めらるゝをしく美登利さんしの羽子板せよう、これはれのさんがお奉公していたゞいたのだとさ、をかしいではいかきい
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
『あなされぬを、』と私語
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
』の、はた
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
くるめくにがきづく思
宿酔 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
嗚呼劫火烱然として一たび輝けば、大千す、天地又何の常か之れあらん、想ふに彼の功業を竹帛に留めて盛名の※りなきを望むものは、其の痴之れに等しきを得んや。
人生終に奈何 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
折しも、妹の長い手紙の文句がそれからそれへと思ひ返されてぐられるやうな物狂はしさを感じた。
業苦 (旧字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
十一の二十八旦那さまお誕生日なりければ、年毎友達方々らせて、周旋はそんじよくしきをりぬき、珍味佳肴とけの大愉快させへば
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
磨製石斧はにて直にられし事も有るべけれど斧の如くに柄を添へてゐられし事も在りしと見ゆ。武藏國大里郡冑山村の土中よりはきし儘なる磨製石斧でし事有り。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
左右のにてたる尊き勝利のしるしとして彼を天の一におくは、げにふさはしき事なりき 一二一—一二三
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
しばしやどかせ春のゆくと舞ひくるもみゆ、かすむ夕べの朧月よに人顔ほのぼのと暗く成りて、風少しそふ寺内の花をば去歳一昨年もそのまへの年も、桂次此処に大方は宿を定めて
ゆく雲 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
しばしやどかせのゆくひくるもみゆ、かすむべの朧月よに人顏ほの/″\とりて、しそふ寺内をば去歳一昨年まへのも、桂次此處大方宿めて
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
がしたれけれど障子時機がなく、お最初んでれしすこしひねくれてより拍子ぬけがして今更にはしもされず、うちにおりにならばとせん
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
彼は先にひし事の胸にられたらんやうに忘るるはざるさへあるに、なかなか朽ちも果てざりし恋の更に萠出でて、募りに募らんとする心のは、ふるに痛苦して、一歩は一歩より
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「にあり」「てあり」「といふ」が、「なり」「たり」「とふ」となるのも同様の現象である。「ふ」「はやぬ」など連語においても、これと同種の現象がある。
国語音韻の変遷 (新字新仮名) / 橋本進吉(著)