白くれないしろくれない
残怨白紅花盛 余多人切支丹寺 「ふうん読めんなあ。これあ……まるで暗号じゃないかこれあ」 私は苦笑した。二尺三寸ばかりの刀の中心に彫った文字を庭先の夕明りに透かしてみた。 「銘は別に無いようだがこの文句は銘の代りでもなさそうだ。といって詩で …
作品に特徴的な語句
あざ そがひ 母様かゝしやま 容貌おもて 可憐いぢ そゞ 彼処かのところ ものう とゞこほり 扮装やつ あふ 湿じめ ともがら 顔容かほばせ たる かゝ 便よすが とぎ をのゝ ども 退しさ 此処このところ 仰向あふの 羅馬ローマン あじは 活計なりはひ 迂回まは 角力ずまふ 向山むこやま ずき わらは 究竟くつきやう 痴呆ほう ぶと いづ じゆ かたはら 斯様かう しやう よご いら 欺罔ゲレン 相応ふさは 抽出ぬきんで たより かの 何方いづかた 作者うちて 素破すは もつとも いつはり 説明ことわけ 芳香にほひ 如何いかゞ いだ 対岸むかうぎし かん 普通あたりまえ 斯様かやう 某氏なにがしうぢ 模様さま ちなみ ほとり まさ をど ひつじ あつ あや 召出めしだし なれ さま 痴呆うつけ すこ ほど うつゝ 何処いづこ 治療ような 相調あひとゝの おも 饗応もてな かつ 山峡やまかひ 宿しゆく しん とゞこほ しゆ 日本ひのもと いぢ 眼交めくば