業苦ごうく
只、假初の風邪だと思つてなほざりにしたのが不可かつた。たうとう三十九度餘りも熱を出し、圭一郎は、勤め先である濱町の酒新聞社を休まねばならなかつた。床に臥せつて熱に魘される間も、主人の機嫌を損じはしまいかと、それが譫言にまで出る程絶えず惧れら …
作品に特徴的な語句
かしづ ふたゝび 逃亡でら つか 蹣跚よろけ もど いざ 不可いけない 放擲うつちや ほぐ 玉章てがみ 惘然まうぜん しやく こん はふ つひ 強請せが 呪詛じゆそ 沸騰たぎ 歔欷すゝりなき したゝ はしや らつ 譫言うはごと 胎内なか 躊躇ちうちよ 引浚ひつさら ひつ 嬰兒えいじ 痘瘡もがさ 奈何どう くは 開封ひら なう 吩咐いひつ 雉子きゞす 享樂たの いたは 驟雨しうう こひねが しきゐ 泣顏べそ むくげ 臼挽うすひき 不可いけな 鼓舞つけ きよ おほ 行火あんくわ 一入ひとしほ もゝ かなへ かはら よんどころ 仰云おつしや おほ 仰有おつしや 括枕くゝりまくら 仲人なかうど 鳥目てうもく ちら なじ 髣髴はうふつ はゞか 憐愍れんみん なほ いつくし はぐく 呵責かしやく 哄然どつ 呪縛じゆばく 喇叭らつぱ のゝし 叩頭じぎ 痲痺しび ねえ もつれ 縱令よし きま 目叩またゝき かゝ 邪慳じやけん 羸弱ひよわ 屹度きつと いとぐち 玻璃ガラス しか