十二支考じゅうにしこう08 鶏に関する伝説08 とりにかんするでんせつ
晋の宗懍の『荊楚歳時記』註に魏の董勛の『問礼俗』に曰く、正月一日を鶏と為し、二日を狗と為し、三日を羊、四日を猪、五日を牛、六日を馬、七日を人と為す。正旦鶏を門に画き、七日人を帳に帖す、今一日鶏を殺さず、二日狗を殺さず、三日は羊、四日は猪、五 …
作品に特徴的な語句
ものがたり ましま よう かか けい くだかけ いわ いつ ふけ きそ ぬぎ みち ゆる やしの やすん なづ かむ にわ はぎ たが あら 可怖おそるべし まさ すす さく 蹲踞そんこ したた よめ こう すす はな ほと 如何いかに もう うかが たく かん みの のたも しりぞ ばなし あらかじ いた けづめ こうべ かたわら かわ いぬい まい おわ よりどころ いと 一重ひとかさね おさ さら じょう くれ すく ひそ おさ こた こう つい 本夫ほんぷ じゅ くびは あご しわぶ いた 被物かむりもの あら おしえ 御禊おはら かた はや 明旦みょうあさ いや はじ いつ みこと よし たけ はず みずか へり
題名が同じ作品
十二支考:07 猴に関する伝説 (新字新仮名)南方熊楠 (著)
十二支考:09 犬に関する伝説 (新字新仮名)南方熊楠 (著)