十二支考じゅうにしこう02 兎に関する民俗と伝説02 うさぎにかんするみんぞくとでんせつ
第1図野兎 第2図熟兎 第3図岩兎 この一篇を綴るに先だち断わり置くは単に兎と書いたのと熟兎と書いた物との区別である。すなわちここに兎と書くのは英語でヘヤー、独名ハーセ、ラテン名レプス、スペイン名リエプレ、仏名リエヴル等が出た、アラブ名アル …
作品に特徴的な語句
いく ふすぶ まじない ちゃん ヒムン くら ふす あおき ある とも さと すこし あらわ かれ ほぐ とび おお どま すす しま ものい さけ あやし より かわ シャー 嘔吐 しるし 黒鳥マール はく 日記ダイヤリー こう また ほとり こた くる しる 熟知よくし 熟兎ラビット うさぎうま 所為しわざ いだ おそ 浮々うかうか 南瓜とうなす 波斯ペルシア うしろ ひき ちな かけ ひろ 緑樹りょくじゅ はや ふる あら 教化きょうけ かこつ おこ きょう 蕪菁かぶ にく すすき くみ よろこ うち おもむろ のち 穀母こくのはは わら おれ 崔浩さいこう しか まばた 如何いかん 権輿はじまり つら ふく とげ うね
題名が同じ作品
十二支考:07 猴に関する伝説 (新字新仮名)南方熊楠 (著)
十二支考:08 鶏に関する伝説 (新字新仮名)南方熊楠 (著)
十二支考:09 犬に関する伝説 (新字新仮名)南方熊楠 (著)