十二支考じゅうにしこう02 兎に関する民俗と伝説02 うさぎにかんするみんぞくとでんせつ
第1図野兎 第2図熟兎 第3図岩兎 この一篇を綴るに先だち断わり置くは単に兎と書いたのと熟兎と書いた物との区別である。すなわちここに兎と書くのは英語でヘヤー、独名ハーセ、ラテン名レプス、スペイン名リエ …
作品に特徴的な語句
烏賊いか 羊歯しだ 堪能たんのう くさび 章魚たこ 南京ナンキン 怯懦きょうだ 払子ほっす あした ささ 河馬かば えび かく そそ 蹶起けっき わに つつが 爾時そのとき 蕩尽とうじん 因幡いなば およ どま 爾後じご しい うさぎうま 鏖殺おうさつ つく ふせ はなし 骨骼こっかく 北京ペキン 燧石ひうちいし えら 帝釈たいしゃく 波斯ペルシア さる およ 永々ながなが いか おそ あやま みだ 竹生島ちくぶしま かんが 烟突えんとつ 聞書ききがき ほぐ 平戸ひらど 恐々こわごわ あと 浮々うかうか 却説さて かご 山海経せんがいきょう 睾丸こうがん 大和国やまとのくに もと 化生けしょう 根問ねど 仙人掌サボテン あわ 驀然まっしぐら 以為おもえ ひき つか よろこ 呪術じゅじゅつ 蕪菁かぶ はや 此岸しがん 大国主おおくにぬし 日記ダイヤリー くみ 甘草かんぞう きょう 論衡ろんこう ヒムン 叢生そうせい シャー 教化きょうけ 闇中あんちゅう 毎々つねづね 遊行ゆぎょう 厭勝まじない 族霊トテム つまず 黠智かっち 鼷鼠はつかねずみ 金翅鳥こんじちょう 尺蠖しゃくとりむし 欠唇いくち そそ 熟知よくし
題名が同じ作品
十二支考:07 猴に関する伝説 (新字新仮名)南方熊楠 (著)
十二支考:08 鶏に関する伝説 (新字新仮名)南方熊楠 (著)
十二支考:09 犬に関する伝説 (新字新仮名)南方熊楠 (著)