“糙”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
50.0%
あら50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“糙”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 植物学 > 植物学4.2%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]2.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
山地向陽の草間に生じて一株に一条ないし三条ばかりの茎が出て直立し斜めに縦脈のある狭長葉を互生し茎と共に手ざわりらき毛を生ずる。
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
斑紋ある鳥卵を食えば子の膚あらくて羽を抜き去った鶏の膚のごとし、豚をさわれば子が豚様にうめき火事やきずある馬を見れば子にあざあり