“家毎”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いへごと60.0%
いえごと20.0%
やごと20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかるに初雪十月のころまでにこの二条小流雪の降埋られ、流水は雪の下にあり、家毎べきに雪を穿水用を弁ず。
そしてその家毎団欒を思ってみたり、人生を考えたり、又自分にかえってみたりして、言葉かず少なく歩いた。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
溝石で路をって、二間ばかりの間の軒下の土間に下りた、蔵人は踏留まるがごとくにして、勇ましくと立ったが、秋風は静々と町の一方から家毎を渡って来て
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)