“節分”の読み方と例文
読み方割合
せつぶん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
畢竟こんなものを残して置くから心得ちがいや間違いが起るのだと云って、節分の晩にその贋物の鬼を焼き捨ててしまったそうです。
半七捕物帳:27 化け銀杏 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
これが節分である。大都會喧騷雜音に、その、そのるゝものは、いつか、魔界消息無視し、鬼神隱約忘却する。……
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
何時までたつてもいとひますよ。さういへば節分に、つたて、『さあ、るとすか、らぬとすか』とつて、ちませう。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)