“春泥”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しゅんでい60.0%
しゆんでい40.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“春泥”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
「児玉少佐。花は咲いたが、今年だけは、春爛漫らんまんという辞句は当らんな。満目の春泥しゅんでいみな荒涼じゃ」
日本名婦伝:谷干城夫人 (新字新仮名) epub / 吉川英治(著)
春泥しゅんでいに映りすぎたる小提灯こぢょうちん
六百句 (新字新仮名) epub / 高浜虚子(著)
舞妓まひこは風を引いてゐたと見えて、下を向くやうな所へ来ると、必ず恰好かつかうい鼻の奥で、春泥しゆんでいを踏むやうな音がかすかにした。
京都日記 (新字旧仮名) epub / 芥川竜之介(著)
予は又晶子が翁に呈する為に残して置いた「春泥しゆんでい集」を翁に贈つた。
巴里より (新字旧仮名) epub / 与謝野寛与謝野晶子(著)