“しゆんでい”の漢字の書き方と例文
語句割合
春泥100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
舞妓は風を引いてゐたと見えて、下を向くやうな所へ来ると、必ず恰好い鼻の奥で、春泥を踏むやうな音がかすかにした。
京都日記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
予は又晶子が翁に呈する為に残して置いた「春泥集」を翁に贈つた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)