“山桜”のいろいろな読み方と例文
旧字:山櫻
読み方割合
やまざくら66.7%
さくら16.7%
ヤマザクラ16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が中へきこんでてはいけないぞといっててた関所であるはずなのに、どうしてこんなにもふさがるほど、山桜がたくさんりかかるのであろう。
八幡太郎 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
都の花はまだ少し早けれど、逗子あたりは若葉の山に山桜咲きめて、山また山にさりもあえぬ白雲をかけし四月初めの土曜。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
未ダならず仙覚抄ニ云山ちさとは木也田舎人は、つさの木といふこれなりといへり、いかゞあらむ、但し此は山松山桜などいふ如く山に生たるつねの知左〔牧野いう
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)