“鯛網”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たいあみ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鯛網”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
あら、鯛網たいあみがあがったわ、と叫んで窓際に女は出て海の方を見たが、夕風におくられて、白粉の匂いがぷうんと彦太郎の鼻を打った。
糞尿譚 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
自分の考えでは、もし、あなたが一歩でも、小松寺山から出たと聞いたら、ただちに小牧を発して、鯛網たいあみを曳かせるつもりでおざったが、鯖子さばこいわしではと……さし控え申しておざる
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)