“花衣”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はなごろも66.7%
はなぎぬ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
吹き掛け吹込ふっこむ一念の誠を注ぐ眼の光り、すさまじきまで凝り詰むれば、ここ仮相けそう花衣はなごろも
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
花衣はなごろも脱ぎもかへずに芝居かな
五百句 (新字旧仮名) / 高浜虚子(著)
花々しき牡丹の花衣はなぎぬ着けながらおどり狂ふにことならず、目覚しき獅子の皮の、かかる牡丹の母衣の中に、三味さみ胡弓こきゅう、笛、太鼓、つづみを備へて、節をかしく、かつ行き
凱旋祭 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)