凱旋祭がいせんまつり
紫の幕、紅の旗、空の色の青く晴れたる、草木の色の緑なる、唯うつくしきものの弥が上に重なり合ひ、打混じて、譬へば大なる幻燈の花輪車の輪を造りて、烈しく舞出で、舞込むが見え候のみ。何をか緒として順序よく申上げ候べき。全市街はその日朝まだきより、 …
作品に特徴的な語句
ひとも なか パフナリー おおい しき あゆみ ふし ふくみ 薔薇しょうび こうべ もよおし 唯一ただひと 塵埃ちりほこり 物凄ものすさ 一様いつよう あらわ 中央なか けん すさ こら ぜん 砂煙さえん つち さかさ 蹌踉よろ たつみの くれない うしろ 御感おんかん くん 黒線こくせん 一幅いっぷく 風聞うわさ 目覚めざま 二間にけん ひま すま 真白ましろ くら かたわら ながれ 錆色せいしょく もら 眺望ちょうぼう 前脚まえあし はるか せん まなこ 一個ひとり たく すか 此方こなた おおい かざし にぎや 市中まちなか 幻燈うつしえ いとぐち のち 御胸おんむね かおり 打混うちこん 花衣はなぎぬ ひっさ いしき はぎ 斑々はんはん すそ 猪首いくび 獅子しし 生茂おいしげ 男女なんにょ 百尺ひゃくせき 相対あいたい 真蒼まっさお 真闇まっくら なが 立停たちどま しの 紙面しめん あや しげ つな わずか 群集ぐんじゅ みどり ひるがえ 耳底じてい 胡弓こきゅう 闇夜やみよ