“錆色”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さびいろ83.3%
せいしょく16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
庭には椿も大半錆色さびいろに腐って、初夏らしい日影が、かえでなどの若葉にそそいでいた。どこからか緩いよその時計の音が聞えて来た。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
姉は間もなく裏の山へ行こうといい出した。二人は山へ来るとこけの上へ足を投げ出して坐った。真下に湖が見えた。錆色さびいろの帆が一点水平線の上にじっとしていた。
御身 (新字新仮名) / 横光利一(著)
右手めてひっさげたる百錬鉄ひゃくれんてつつるぎは霜を浴び、月に映じて、年紀としれども錆色せいしょく見えず、仰ぐに日の光も寒く輝き候。
凱旋祭 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)