“錆色”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さびいろ75.0%
せいしょく25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ラジーン塗具ぬりぐ錆色さびいろ塗具ぬりぐ銅板どうばん鐵板てつぱん鋼板こうばん亞鉛塊あゑんくわい、ガツタバーカーばん
庭には椿も大半錆色さびいろに腐って、初夏らしい日影が、かえでなどの若葉にそそいでいた。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
右手めてひっさげたる百錬鉄ひゃくれんてつつるぎは霜を浴び、月に映じて、年紀としれども錆色せいしょく見えず、仰ぐに日の光も寒く輝き候。
凱旋祭 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)