“蜃気楼”のいろいろな読み方と例文
旧字:蜃氣樓
読み方割合
しんきろう92.8%
ミラージュ1.4%
かいやぐち1.4%
かいやぐら1.4%
かひやぐら1.4%
ミュアジュ1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今この茶碗で番茶をっていると、江戸時代の麹町が湯気の間から蜃気楼のように朦朧と現れて来る。店の八つ手はその頃も青かった。
二階から (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
氷河や山稜の削りとられた鋭い輪廓は、立体的には見えないで、薄い、然しな色彩で、大空に画かれた蜃気楼のように思われた。
スウィス日記 (新字新仮名) / 辻村伊助(著)
蜃気楼もあまり立たないと思うておりゃ、またばてれんをやりだした
放生津物語 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
目の下に黒く死人のにおいを蔵していた京の町も、わずかのに、つめたい光の鍍金をかけられて、今では、の国の人が見るという蜃気楼のように、塔の九輪や伽藍の屋根を
偸盗 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
白い国! 蜃気楼もかくや、——など陳腐な形容ですが、事実、ぼくは蜃気楼をみた想いでした。
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)