“黄梅”の読み方と例文
読み方割合
こうばい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一 黄梅の時節漸く過ぐ、正に曝書すべし。趙甌北の詩集をくに左の如き絶句あるを見たり。
一夕 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)