“蜷”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
にな60.0%
とぐら40.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蜷”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 風俗習慣・民俗学・民族学4.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
あしひとむらさへあれば、行々子ぎやう/\しこゑうづてた、にななぎされば
木菟俗見 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
いわゆるンナグルカナイ、になをもって賦課ふかとした制度は、是も伊波氏はただ一つの例しか挙げておられぬが、いよいよこの物の国際価値が低下して、量をもってその弱点を補わねばならぬようになると
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
さがりて太郎たらうまへとぐら
鬼桃太郎 (旧字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
太郎が前にとぐらくこと十三まき
鬼桃太郎 (新字新仮名) / 尾崎紅葉(著)