“雨蛙”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あまがえる62.5%
あまがへる37.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
死ねば天堂へ行かれる、未来は雨蛙あまがえるといっしょに蓮の葉に往生ができるから、この世で善行をしようという下卑た考と一般の論法で、それよりもなお一層陋劣ろうれつな考だ。
倫敦消息 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
しかるに、世の中には羞恥心の全く欠けた雨蛙あまがえるのような男がたくさんいて、
次の年ある日雨蛙あまがえるがなめくじの立派なおうちへやって参りました。
蜘蛛となめくじと狸 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
むしろ、おまえの「雨蛙あまがえる」のほうが幼い「落ち」じゃないのか。
如是我聞 (新字新仮名) / 太宰治(著)
踏みつぶされた雨蛙あまがえるの姿に似ていたようであった。
逆行 (新字新仮名) / 太宰治(著)
そして雨蛙あまがへるが幹によぢ登る時と同じやうに、手と足とを伸したり縮めたりして、だん/\上へ上へと登つて行きました。
かぶと虫 (新字旧仮名) / 槙本楠郎(著)
雨蛙あまがへる青蛙あをがへるが、そんなはなわざはしなからうとおもつたが——勿論もちろん、それだけに、ふた嚴重げんぢうでなしにすきがあればあつたのであらう。
番茶話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
僕は路ばたの砂の中に雨蛙あまがへるが一匹もがいてゐるのを見つけた。
鵠沼雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
するとある日雨蛙あまがへるがやって参りました。
洞熊学校を卒業した三人 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
「なんぢや、雨蛙あまがへるか?……」
先生と生徒 (新字旧仮名) / 槙本楠郎(著)