“雨蛙”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あまがえる66.7%
あまがへる33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“雨蛙”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 動物学 > 鳥類33.3%
文学 > 英米文学 > 小説 物語1.6%
文学 > 日本文学 > 詩歌(児童)0.6%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しかるに、世の中には羞恥心の全く欠けた雨蛙あまがえるのような男がたくさんいて、
次の年ある日雨蛙あまがえるがなめくじの立派なおうちへやって参りました。
蜘蛛となめくじと狸 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
そして雨蛙あまがへるが幹によぢ登る時と同じやうに、手と足とを伸したり縮めたりして、だん/\上へ上へと登つて行きました。
かぶと虫 (新字旧仮名) / 槙本楠郎(著)
僕は路ばたの砂の中に雨蛙あまがへるが一匹もがいてゐるのを見つけた。
鵠沼雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)