“鈴虫”のいろいろな読み方と例文
旧字:鈴蟲
読み方割合
すずむし66.7%
すゞむし33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その種類は鈴虫、きりぎりす、赤蜻蛉蝶々、バッタなどですが、ちょっと見ると、今にもい出したり、羽根をひろげて飛び出そうというように見えます。
鈴虫に、浴衣かららせたまま、半身縁先りだした。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
いそいそと鈴虫をかひにゆく
どんたく:絵入り小唄集 (新字旧仮名) / 竹久夢二(著)
あーれは鈴虫
赤い旗 (旧字旧仮名) / 槙本楠郎(著)