“鈴虫”のいろいろな読み方と例文
旧字:鈴蟲
読み方(ふりがな)割合
すずむし66.7%
すゞむし33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鈴虫”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 彫刻 > 彫刻史 各国の彫刻1.2%
文学 > 日本文学 > 詩歌(児童)0.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
松虫まつむし」も「鈴虫すずむし」も幾代いくよの春を苔蒸こけむして、うぐいすの鳴くべきやぶに、墓ばかりは残っている。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
さてもう一まわり、ゆるりとまわった爪先つまさきえんとどめたその刹那せつなにわか鈴虫すずむし
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
いそいそと鈴虫すゞむしをかひにゆく
どんたく:絵入り小唄集 (新字旧仮名) / 竹久夢二(著)
あーれは鈴虫すゞむし
赤い旗 (旧字旧仮名) / 槙本楠郎(著)