“すずむし”の漢字の書き方と例文
語句割合
鈴虫100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鈴虫すずむしが、すずしい声でなくようになりました。
赤とんぼ (新字新仮名) / 新美南吉(著)
その種類ははちせみ鈴虫すずむし、きりぎりす、赤蜻蛉あかとんぼ蝶々ちょうちょう、バッタなどですが、ちょっと見ると、今にもい出したり、羽根をひろげて飛び出そうというように見えます。
松虫まつむし」も「鈴虫すずむし」も幾代いくよの春を苔蒸こけむして、うぐいすの鳴くべきやぶに、墓ばかりは残っている。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
さてもう一まわり、ゆるりとまわった爪先つまさきえんとどめたその刹那せつなにわか鈴虫すずむし
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)