“赤蜻蛉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あかとんぼ90.2%
あかとんぼう5.9%
あかあきつ3.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お馴染のガラツ八こと八五郎、髷節赤蜻蛉を留めたまゝ、明神下の錢形平次の家へ、庭木戸を押しあけて、ノソリと入つて來ました。
赤蜻蛉田圃に乱るれば横堀になく頃も近づきぬ、朝夕の秋風身にしみ渡りて上清が店の蚊遣香懐炉灰に座をゆづり、石橋の田村やが粉挽の音さびしく
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
ながれ来て宙にとどまる赤蜻蛉唐黍の花の咲き揃ふうへを
雀の卵 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)