“尻切蜻蛉”の読み方と例文
読み方割合
しりきれとんぼ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
片端から迷宮にい込んだのだろう……なんかと思い思い、そんな迷宮事件や尻切蜻蛉事件の一つ一つを点検して行くと、目星しい記事がタッタ一つ見付かった。
山羊髯編輯長 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
仇っぽい声はそれっきり尻切蜻蛉になりました。誰か不意にやって来た人影に驚かされた様子です。
属官にしても田舎町に葉巻の無い位はへてゐるが、て、何かの「長」になつてゐる者は、部下が尻切蜻蛉のやうにきり/\をするのを見るのがみなものだといふ事を知つてゐる。