“竹蜻蛉”の読み方と例文
読み方割合
たけとんぼ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
気をかへてと成つて、もの忘れした後見しくきつかけを渡すに、紫玉は虚空に向つて伯爵の鸚鵡を投げた。が、あの玩具竹蜻蛉のやうに、晃々と高く舞つた。
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
竹蜻蛉、紙鉄砲、笛など、ごく単純な玩具を自分で作ったのや、季節と場所によっては小鮒などという生き物を捕って、もっぱら小さな子供相手に売るのである。
雨あがる (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
それから身体を軸としてぐるぐるりだした。すると怪物の身体がふわっと宙に浮いて、足が岩の上を放れた。竹蜻蛉のようにね。とたんに怪物の姿は見えなくなったのだ。
宇宙戦隊 (新字新仮名) / 海野十三(著)