“藁塚”の読み方と例文
読み方割合
わらづか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私はそれを見て心を決しかねて、なお後からついてゆくと、彼はしばらく行くと、馬をめておいて、道傍にあり合わした藁塚から藁を抜き取って来て、それを箱の中に敷いて
狂乱 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
……あんなに笑ったのを見た事が無いと、同席の藁塚産業課長が云っておったがね。
爆弾太平記 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
のほうに出て、それから藁塚のあちこちにく積まれている苅田のなかを、香具山耳成山をたえず目にしながら歩いているうちに、いつか飛鳥川のまえに出てしまいました。
大和路・信濃路 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)