“月見”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
つきみ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
近づいて見ると「この草取るべからず」という制札を立ててあって、のち月見つきみの材料にと貯えて置くものと察せられた。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「おかあさん、今夜こんやはほんとうにいいつきですね。お山にのぼってお月見つきみをしましょう。」
姨捨山 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)