“月見”の読み方と例文
読み方割合
つきみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
月見にといってあなたをして、こんな山奥れてたのは、今年はあなたがもう七十になって、いつ島流しにされるかからないので
姨捨山 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
萱にはいくつかの種類があるが、まず東京でいう薄尾花のことで、郊外のわたしの家の狭い庭でも、お月見すくらいなら、えなくとも自然に生える。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
岸のところどころにが生えている。近づいて見ると「この草取るべからず」という制札を立ててあって、月見の材料にと貯えて置くものと察せられた。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)