“月見橋”の読み方と例文
読み方割合
つきみばし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
途上、神明町狭斜を過ぐれば、人家の倒壊せるもの数軒を数ふ。また月見橋のほとりに立ち、かに東京の天を望めば、天、泥土の色を帯び、焔煙の四方に飛騰する見る。