“落鮎”の読み方と例文
読み方割合
おちあゆ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
近い岸より、遠い山脈が襞目碧落にくつきり刻み出してゐた。ところどころで落鮎魚梁される水音が白く聞える。
(新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
ほかからくれる十円近くの金は故里の母に送らなければならない。故里はもう落鮎の時節である。ことによるとれかかった藁屋根初霜が降ったかも知れない。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)