“朝顔”のいろいろな読み方と例文
旧字:朝顏
読み方(ふりがな)割合
あさがお60.0%
あさがほ40.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“朝顔”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
この時厠に立って小便をしていた伊沢柏軒は、前へ倒れて、門歯二枚を朝顔あさがおに打ち附けて折った。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
地方の都市は知らず、東京の市中では朝早くから朝顔あさがお売りや草花売りが来る。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
追々おひ/\馴染なじみ度重たびかさなると、へい、朝顔あさがほはな打沈ぶちしづめたやうに、ゑり咽喉のどいろわかつて
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
うしてその時分じぶんぢやからといふて、滅多めツた人通ひとどほりのない山道やまみち朝顔あさがほいてるうちけぶり道理だうりもなし。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)