“朝顔”のいろいろな読み方と例文
旧字:朝顏
読み方割合
あさがお63.6%
あさがほ36.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
詰所に近いの前の庭へ落雷した。この時厠に立って小便をしていた伊沢柏軒は、前へ倒れて、門歯二枚を朝顔に打ち附けて折った。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
朝顔の前に立ってとつじょ国もとの事を思い出す。きょうの自分のやり方は、わが身分には少し過ぎたと考えて、非常にいやな気持ちになった。
廃める (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
うして時分ぢやからといふて、滅多人通のない山道朝顔いてる道理もなし。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
朝顔の花が日毎に小さくなり、西日が燃えるのやうに家中差込んで来る時分になると鳴きしきるの声が一際耳立つてしくえる。八月もいつか過ぎてしまつたのである。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)