“あさがお”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
朝顔46.2%
朝貌38.5%
朝㒵7.7%
7.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この時厠に立って小便をしていた伊沢柏軒は、前へ倒れて、門歯二枚を朝顔あさがおに打ち附けて折った。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
地方の都市は知らず、東京の市中では朝早くから朝顔あさがお売りや草花売りが来る。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
父はその年始めて誰かから朝貌あさがおを作る事を教わって、しきりに変った花や葉を愛玩あいがんしていた。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
僕は僕の前にすわっているさくの姿を見て、一筆ひとふでがきの朝貌あさがおのような気がした。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
いつも、いつも、お前はなんて早熟ませているのだろうとつぶやく母親には、見られたくなかったので、錦子ははねおきると、乳房おちち朝㒵あさがおにしてしまい、腰の丸味はたらいにしてしまった。
田沢稲船 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
あさがおのうねりぬけたり笹の上 万乎
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
あさがおや桃の下葉のちり初る 之道
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)