“一際”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひときわ78.4%
ひときは21.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、大砲の命中を祝福する花火がドカンとうち上げられ、バリバリと雲間に音がして、五色の雪が、一際烈しく降りしきった。
地獄風景 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
書記官は一際妙な声でいわれますには「そのマナサルワ湖に着くまでに経た道はどこであるか」と猫の鼠を追うがごとくに問いめた。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
片足は、落口めて、のそよぐがく、片足つたやうにえる。……一際んでである。
雨ふり (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
おつぎがしのてゝ辨慶縞單衣るやうにつてからは一際注目いた。交叉してあげる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)