“八月”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はちぐわつ42.1%
はつき15.8%
ハツキ15.8%
はちがつ10.5%
やつき10.5%
はづき5.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
四萬六千日八月なり。さしものさも、のころ、觀音よりしきそよ/\とづるゝ、可懷し。
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
其上、もう二三日に迫つた八月朔日には、奈良の宮から勅使が来向はれる筈であつた。当麻氏から出られた大夫人のお生み申された宮の御代にあらたまることになつたからである。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
其上、まう二三日に迫つた八月朔日には、奈良の宮から、勅使が來向はれる筈になつて居た。當麻氏から出られた大夫人のお生み申された宮の御代に、あらたまることになつたからである。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
この八月十五日にはからへのるとしてをりますが、そのには人數をおはしになつて、人々へてさいませ
竹取物語 (旧字旧仮名) / 和田万吉(著)
「ひどくえこんだため、早めた容子はあるが、はや八月は越えている」
日本名婦伝:静御前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
まづ九重を、きびしくかため申すべしなど定めたり。かくいふは元弘元年八月二十四日なり。
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)